img-1

植毛の方法の違いとは

植毛の種類には、自分の髪を移植する自毛植毛と人工の髪の毛を移植する人工植毛があります。
価格は、範囲と本数によって違いがあります。


自毛の場合は、毛根ごとに植えているので抜けたあとも再び毛が生えて伸びてくることと、施術後の創傷が治癒したあとはアフターケアが必要ないことがメリットです。



人工の場合は、スピーディーにすることができて、その日のうちに希望のヘアスタイルが叶うことと、施術当日に洗髪もすることができます。



手術の種類は、ニードル法と呼ばれる、採取したドナーを株分けして、専用の植毛針で穴開けと植え込みを同時に行う方法。



パンチグラフトと呼ばれる、特殊な円筒形のメスを使って一度に数本の髪の毛を毛根ごとくりぬく方法。



その改良版としてミニグラフトやマイクログラフトというものがあります。
細かい単位で植毛するため、細やかな仕上がりに対応することができます。
FUT法は現代のスタンダードな方法で、毛包単位で切り分けられたグラフトは定着率と発毛率が高いという特徴があります。



FUE法は直接後頭部から毛根をくり抜く方法で、メスを使わず切らない方法です。



自毛と自毛にはそれぞれデメリットもあります。



人工の場合、人工の毛を頭皮に埋め込むので、頭皮を傷つけてしまい、人工のもののため、免疫拒絶反応が出る可能性もあります。



自毛の場合は一気に多くの毛を移植することが難しく、また、移植しても定着しないものもあるので数回に分けて手術が必要となります。

その間、気が付かれたくない人は頭を隠さないといけません。

関連リンク

img-2

最先端の植毛で髪の悩みを解決する

近年、男性も女性も、多くの方が美意識に対して、非常に意識的になっており、美容や健康に関して、様々なことを気にしています。テレビや雑誌などでは、様々な美容に関する特集が組まれ、多くの方が美しくありたいと考えているのが現状ではないでしょうか。...

more
img-3

植毛で自分の毛髪を取り戻す

一昔前は根本的な解決が難しく、かつらなどで対処する人が多かった薄毛の悩みですが、近年では多彩な治療法が確立され、健康な毛髪を取り戻すことが可能となっています。中でも、専門のクリニックで受けることができる毛髪治療には、極めて高い発毛率が立証されているものもあり、薄毛に悩む多くの人が取り組んでいます。...

more